南宋茶碗

見た目とはギャップがありますが、
磁器質の胎土です。
日明貿易のころ、
日本には大量に入ってきたはずですが、現存するものはあまりありません。
李朝の堅手と紹介されているのをたまにみかける程度です。
土灰釉かと思いますが、
京都国立博物館で以前同じ肌のものが白磁として紹介されていたので、
本品も以前は白磁として出品しておりました。

相当に使いこまれた跡があり、
見どころは見込みです。
この堅い肌にここまでスレが生じるのはよほど使用していないとありえないでしょう。
細かいニュウ・口縁に一か所くっつき・無数の傷・高台にかたつきがあります。
手取りは重いです。
径 約16センチ
高さ 約7.5センチ
追加画像
購入数
Soldout