古伊万里龍唐草文香炉

古伊万里龍唐草文香炉

時代は江戸後期でしょうが、
半陶半磁であることから、
伊万里というか有田周辺窯の可能性があるかと思います。
ひび焼は江戸の早い時期のものですが、
詳しい方にお訊きするとわずかな窯でのみ江戸後期までこのひび焼を焼いていたそうです。
氏によるとおそらく官窯(藩ご用窯)の作だろうとのこと、
呉須のあがりはともかく、
絵付けは上手です。

おそらく香炉として制作され、最初はホヤが付属していたものが、
茶入に見立てられたのではないでしょう。
牙蓋ですが、合わせたもののようです。
箱は当方で用意したもので、合わせです。
いずれにせよ、初見もの、またざっと調べたところ類例はありません。

口径 約7センチ前後
高さ 約8.7センチ前後
胴最大径 約7.5センチ前後
画像の通り直しがあります。

実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
サイズは前後と記載の通り、多少の誤差を含みます。

追加画像
販売価格
48,000円(内税)
購入数