志戸呂焼茶碗

志戸呂焼茶碗

17世紀前半の志戸呂焼茶碗かと思います。
志戸呂焼はいまだその全容がはっきりしていない焼物ですが、
のちに遠州七窯に数えられています。

手取りよく、しかし高温で焼かれており、
明らかに茶方の要望に沿って制作されたと思われる本品、
鉄釉を塗ったあとに黄褐釉を流し掛けしており、表情豊かです。
見込みには一部ひっつきかフリモノを剥がした跡があります。
共箱なく、保存箱のみ。

口径 約12.4-12.6センチ前後
高さ 約7センチ前後

実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にないキズ等ある場合があります。
サイズは前後と記載の通り、誤差を含みます。
上記見解はあくまで当方主観によるものですので、
ご理解の範囲でお求めください。

追加画像
販売価格
65,000円(内税)
購入数