古備前雀口徳利

古備前雀口徳利
江戸初期(慶応年間以降)からのいわゆる伊部手と呼ばれる古備前かと思います。
塗土を薬がわりに用いて焼成されたもの。
備前以外では鳶口といいますが、
備前では雀口と呼んでいます。
内部の腰付近に一部直しがあり、
外側も漆様のもので直してあるようにみえますが、
焼成の土の加減なのかどうか不明です。

独酌には最高のとくりです。
高さ 約9.2センチ前後
使用すると内部に水垢がでたようになります。
当方でも使用しておりますので、
発送時その状態になっているやもしれませんが、
ご承知置きください。
画像と実物とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
時代産地に関しては当方見解です。
追加画像
販売価格
200,000円(内税)
購入数