李朝井戸堅手茶碗

李朝井戸堅手茶碗

井戸といいたいわけではないですが、
見た目そうとしかみえないので、このタイトルです。
おそらく江戸時代にすでに日本に伝来し、伝世されてきたものかと思います。
例によって箱は失われていますが、品の良い保存箱が付属しています。
萩の古い手かとも思ったのですが、
見込みが平で砂利あるいは砂を剥がした跡があるので、李朝としました。
ニュウは当方で簡易に樹脂で仮止めしただけですので、
将来的にはきちんと直されたほうがよろしいかと思います。
古色、古格に満ちた逸品かと思います。
口径 約12.3センチ前後
高さ 約7センチ前後
追加画像
販売価格
100,000円(内税)
購入数