御深井焼茶碗

御深井焼茶碗

見込みの円錐ピン目跡から17世紀後半(それ以降の御深井にこの目跡はありません)の作であることがわかる伝世品です。
鳴きはありませんが、見込みのニュウは貫通していますので、
将来的には直しに出された方が良いかもしれません。
非常に好みの茶碗で、
茶陶としてもうしぶんないかと思います。
口縁に金直しが一カ所あります。
じんわり育つ肌に魅せられています。
口径 約13.4−13.9センチ前後
高さ 約5.4−5.8センチ前後
保存箱、包み裂が付属します。
追加画像
販売価格
80,000円(内税)
購入数