高麗青磁筒茶碗

高麗青磁筒茶碗。
高麗王朝時代後期の筒茶碗です。
茶碗というにはこぶりで、
大盃としてご使用されるかたもいらっしゃるかと思います。
しかし現在週末移動の多い自分は重宝しており、
旅茶碗としても最適です。
画像の通り、口縁にニュウの共色直しと欠けの共色直しがありますが、
これはそれほど大きなマイナス評価としておりません。
朝鮮の筒の希少さはみなさまもご存知の通りです。
高台はほとんど唐津のようですが、
むろんこちらが本家オリジナルです。
口径 約7.3センチ前後
高さ 約6センチ前後
全体に貫入、貫入染み、見込みにふりものあります。
追加画像
販売価格
150,000円(内税)
購入数