青磁盃

米色青磁盃
伝世されてから長い年月を経たと思われる青磁盃です。
酸化焼成によってこのような発色になるこの盃は、
現存する数も少ないものです。
時代は中国の元〜明朝期あたりと思いますが、推測です。
口縁に金直し、それとニュウがあります。
ニュウは爪にひっかるほどのものではないです。
高台ややかたつきます。
酒がうまい盃というのはこのような盃のことを言うのではないでしょうか。
径 約9.3センチ前後
高さ 約4−4.3センチ前後
保存箱があります。
追加画像
販売価格
60,000円(内税)
購入数