三島盃

三島盃

朝鮮王朝時代最初期14世紀〜15世紀初頭の白象嵌三島です。

口径 約7.4センチ前後(高さ約4.5センチ前後)と希少でベストなサイズ、

手にしたとき非常にうれしかったお品です。

画像では見込みの文様が比較的全部現れていますが、

これはやや湿り気を帯びたまま撮影したもので、

乾くと画像の左半分ほどがカセのため、白くぼけます。

あらかじめご了承ください。

近年の中国経由のルートで日本に来たものですが、

こういった品は稀です。

金は当方で本金泥を蒔きました。

直し、高台に欠け等あります。

手放しがたい逸品です。

追加画像
販売価格
88,000円(内税)
購入数