李朝筒茶碗

李朝筒茶碗
朝鮮王朝時代18−19世紀頃、民窯の茶碗です。
発掘の手ではなく、
一般家庭にあったものが古物商の手に渡ったものかと思われます。
李朝陶磁器において筒型はきわめて稀、
本品は碗なりの筒ですが、それでもこのシルエットを目にされたかたは少ないかと思います。
高台がかたつきますが、
しっかり釉が生きている肌は魅力十分です。
全体に貫入があり、熱により変化します。
当方でも何度となく使用していますが、
今後の肌の成長がたのしみな茶碗です。
径 約11.1センチ前後
高さ 約7.6センチ前後
破損した保存箱がつきます。
追加画像
購入数
Soldout