中国の盃

掛け分けの盃。
仕入れた当時壺屋なのかと思っていましたが、
そのまま放置すること5年ほど経ちました。
あらためて見ると磁州窯系あるいはその近辺の窯のものかと思います。
ボディは磁胎で、こういう肌ですが、高い音がします。
口縁に丁寧な銀直し、
肌も前々所有者(コレクターさん)が長年使用されたのか、
良い具合に育っています。
丹波の掛け分けにも似ていますが、
もちろん丹波には盃でこういう造型はありません。
径 約8.5センチ前後
高さ 約4.4センチ前後
高台畳付きはなめらか、
発掘伝世されて愛玩されたきたお品でまちがいないかと思います。
追加画像
販売価格
80,000円(内税)
購入数