李朝白磁瓶

李朝白磁瓶。
朝鮮王朝時代18−19世紀頃の白磁です。
透明度が高く、かつ、ぬめりとした釉肌。
溜まりの部分は青みがかっており、美しい逸品です。
容量は約500ml
ずしりと重いのと口の注ぎ穴が大きいので、
おおぶりの盃にしか向いていないのが難点ですが、
近年入手しにくい瓶です。
高さ 約14.3センチ前後
胴最大径 約10.5センチ前後
口径 約6.7センチ前後
口縁に欠けがあるのと、
高台かたつきます。
完全に磁胎ですが、内部一部釉がない部分があり、
そこからしみ、肌も育つ可能性があります。
追加画像
購入数
Soldout