煎茶期筒盃

煎茶器筒盃
煎茶器のはなれですが、
時代はおそら江戸後期〜幕末くらいはあり、
画像からもおわかりいただけるかと思いますが、
かなり使いこまれています。
小さきものは良きもの
という考えが古来日本にはありますが、
このサイズで茶を喫するというのはしゃれた行為だと思います。
産地は不明ですが、萩か京都かと推測しています。
本日東寺のがらくた市で仕入れたものですが、
露店ではこういうものを思いがけず拾えるのが楽しいですね。
径 約5.5センチ前後
高さ 約6センチ前後
口縁に気にならない程度のホツがあります。
追加画像
販売価格
18,000円(内税)
購入数