古唐津皮鯨平茶碗

古唐津皮鯨平茶碗
桃山〜江戸初期。
みごとな古唐津皮鯨であります。
口縁に丁寧な銀直し、
虫食いのある共箱は江戸時代頃のものかと思われます。
発掘されたものだとすれば相当古い時代でしょうし、
貫入染みも十分ですので、伝世されてきた時間が長いものだと推測できます。
ボディにも直しがありますが、漏れ等ございません。
ものの本ではこのサイズでも平盃として紹介されていますし、
この貫入染みは酒が染みたものとも思えますので、古唐津皮鯨平盃とも言えます。径 約12.5センチ前後
高さ 約4.7センチ前後
追加画像
販売価格
75,000円(内税)
購入数