美濃徳利

美濃徳利。
桃山〜江戸初期。
登り窯になってからのものです。
首に直しがあり、この首がオリジナルのものなのか、呼び継いだものなのか判然としませんが、
ともかくかなり巧みなかたの直しです。
金は金泥を使用してあります。

高台は桃山美濃陶の特徴のひとつでもある太い目です。
全体に貫入があり、酒がよくしみています。
難は直しの首の部分に酒の匂いがかすかに残っていること。
注いだ酒に匂いが移ることはないですが。
容量は3合前後は入るかと思います。
酒好きのかたにはまさにベストサイズかと思います。
当方で首の下までは何度も煮沸洗浄はしておりますが、
その後自分で使用しましたので、そのことはご留意ください。
高さ約19センチ前後
手放しがたいとくりであります。
高台ややかたつきます。
追加画像
購入数
Soldout