壺屋火入

壺屋火入。
18世紀頃。
希少な作品です。
壺屋のものはどこかモダンで洗練された印象がある物がお多いです。
一方では焼き締めの無骨なとくりなどがありますが、
施釉のものは陶芸作品における新しい息吹のようなものを感じ得るというか。
ニュウがありますが、そのままとします。
サイズ感的に楽の筒とほぼ同じ、
これをふだんのお茶やコーヒーに使わない手はないでしょう。
もちろん内部は施釉されていませんので、
使用後はごしごし洗ってください。
口径 約9.8センチ前後
高さ 約8センチ前後
販売価格
28,000円(内税)
購入数