高麗茶碗

高麗茶碗。
時代は高麗末〜李朝初期。
アカデミックな分類上では堅手となりますが、
ほかに粉青沙器と呼ぶかたもいらっしゃいます。
ほとんど唐津といっても良い肌と高台であります。
もちろんこちらがオリジナルです。
口縁に何カ所か直し、高台に直し、胴にくっつきを剥がした跡があります。
ほか、全体にスレ、口縁にニュウもあります。
高台もややかたつきますが、
それらを踏まえても有り余る魅力のある茶碗です。
ボディは磁胎に近く、指ではじくと高い音がします。
気に入って当方で数ヶ月使用しております。
李朝とはこうあるべし、まさにそんな優品ですね。
径 約17.5センチ前後
高さ 約5.4-6.8センチ前後
追加画像
販売価格
60,000円(内税)
購入数