高麗白象嵌盃

高麗白象嵌盃。
高麗としましたが、時代的には李朝に入っていると思います。
それは高台の造りから判断したものです。
李朝の青磁というのはあまり知られていませんが、
もちろん白磁ばかりを制作していたわけではないと思います。
高麗からの過渡期にはいろいろ造られたのではないでしょうか。

やや薄造り、ボディは陶胎です。
象嵌としましたが、彫った様子はないので、白化粧土をかけたのみです。
口縁に窯キズがあるほかはほぼ完品。
高台をみると唐津そのものです。
特にかりっと焼けた感じなどもたまりませんね。
土も非常に似ています。
径 約9.7センチ前後
高さ 約4.3センチ前後
サイズ的には盃、ベストサイズというにはふだん使いのお茶に最適かと思います。
追加画像
販売価格
45,000円(内税)
購入数