古備前お歯黒壺

古備前お歯黒壺
18世紀頃。
岡山の初だしででたものです。
内部のおはぐろは分厚くはついていませんので、
最初だけお歯黒として使用し、
その後種壺等に代用されたものだと推測できます。
それでも肌をみていただければおわかりのように、
かなり長い年月にわたり実用されてきたことは明らかです。
江戸中頃の備前のお歯黒は残存する数としても希少、
そしてこういった実際に使用され、良い肌に育ったものとなればごくわずかです。
花入れとしても楽しいでしょうし、
ただ手でなでさすって愛玩するだけでもよろしかと思います。
内部の状態からはお酒を入れ、注器としても良いのではないかとさえ思えて来ます。
口径 約8.5センチ前後
高さ 約10.8センチ前後
胴最大径 約10.5センチ前後
追加画像
販売価格
28,000円(内税)
購入数