京焼小服茶碗

京焼小服茶碗。
抜群の釉肌のあがりの京焼の小茶碗です。
江戸後期−幕末頃。
かなり使い込まれており、
全体に貫入があります。
旅茶碗としてもご愛用いただけるサイズ、
抹茶ほかふだんの食卓のお茶にもよろしいかと思います。
径 約8.6センチ前後
高さ 約5.6センチ前後
箱はございませんが、
大正更紗の包み裂はおつけいたします。
李朝だとこのサイズでもぐいのみと称しますので、
呑まれるかたはもちろんお酒にも。
購入数
Soldout