琉球徳利

琉球徳利。
17世紀、壺屋統合以前のものと推測されるとくりであります。
画像ではわかりにくいかもしれませんが、窯印があります。
首の直しはもともと堅牢な成型の上に共色直しがありましたが、
当方にて本金泥を蒔きました。
注ぐ時に首下の石はぜの部分が下になった場合、そこらからもれますが、
それくらいはもれたほうが逆に酒がしみてよかろうというもの。
ほかにボディに窯キズ様の欠けもありますが、そこからはもれません。
当方で大切に大切に現在使用しているもので、
できれば手離したくないうちのひとつです。
堅く焼きしまった肌、
そしていわゆる升徳利的な容量ではなく、
1合は優に超えます。
高さ 約14.3センチ前後
高台かすかにかたつきます。
追加画像
販売価格
60,000円(内税)
購入数