古銅銀象嵌鍍金花器

古銅銀象嵌鍍金花器

細かな象嵌が施された花器です。

鍍金もまだ残っており、魅力的な肌をしています。

厳しい造型ライン、江戸後期ころかと思われます。

床の間、あるいは卓上で愛玩する花器として。

高さ 約9.5センチ前後

口径 約5.5センチ前後

胴径 約11センチ前後

高台径 5.7センチ前後

追加画像
販売価格
55,000円(内税)
購入数