李朝堅手盃

李朝堅手盃
朝鮮王朝時代前期の堅手盃です。
ボディは陶質で、そのため画像の通り、
かなり伝世の色がしみついた盃です。
そしてべた高台によくあるひっつきによるかたつきを解消するため、
高台が削られています。
おそらくは帝政時代のころの持ち帰り品、
底を平にし、長年使用されてきたのだと思います。
一応洗浄してみましたが、この深い古色はとれません。
内側に窯キズ、それ以外は無傷です。
数寄者の執念をみた盃です。
現在このサイズの堅手を入手することはほぼ不可能、
ましてやこれだけ愛されてきたものに出会うことはさらに稀かと思います。
更紗の包み裂をおつけいたします。
径 約6.2センチ
高さ 約2.7センチ
詳細画像
購入数
Soldout