白釉盃

白釉盃。
仕入れたときはまっしろなものをよくみかける明末〜清初のものかと思っていましたが、
もうすこし時代はあがるようです。
高台の造りは元時代のもの、
畳付き以外全体に釉がかけられており、
粉引にも似た趣であります。
画像の通り、口縁に多数ホツがあります。
大きなもので気になるものは、当方で金泥を蒔きました。
全体に十分な景色があり、
酒器コレクターのかたのお目にとまればと預からせていただいたお品です。
径 約6.7センチ前後
高さ 約2.9センチ前後
詳細画像
販売価格
18,000円(内税)
購入数