高麗白象嵌小碗

高麗白象嵌小碗
高麗末〜李朝初期。
白い部分は彫りで、そこに白化粧土を流したもの。
画像の通り、土銹等ついたままのうぶいお品です。
これからの育ち具合が楽しみな小服です。
半陶半磁のボディです。
径 約12.4センチ前後
高さ 約4.2センチ前後
もちろんたくさん呑まれるかたには盃としてもご愛用いただけるでしょう。
詳細画像
購入数
Soldout