李朝初期白磁徳利

李朝初期白磁徳利

朝鮮王朝時代初期、15世紀ころの白磁とくりです。
おそらくは化粧油等に使用されていたものかと思いますが、
長い年月を経て匂いは残っていません。
粉引といってもいいような釉調ですが、
磁胎に透明釉ですので、やはり白磁です。
高さ約7.8センチ前後
容量約75ml
口縁部に金直し。
今後おそらく大きくその肌が変化し、育つ楽しみを有したお品かと思います。
少し前に鶏龍山のとくりをご紹介した際に、
同手のものが紹介されていた目の眼のとくり特集に掲載されていたものも、
やはりこのサイズに近いものがありました。
購入数
Soldout