萩小服茶碗

萩小服茶碗


萩小服茶碗です。
幕末ころ。
よく使い込まれており、
庶民(町人)が大切に使用してきたものだとわかるお品です。
全体に貫入が八方に走り、これからの育ち具合も楽しみです。
見込みに釉ハゲあり。

径 約9.3センチ前後
高さ 約6センチ前後
購入数
Soldout