古唐津小徳利

古唐津小徳利
桃山〜江戸初。
独酌用の小ぶりなとくりです。
首と底部に直し
底部の直しは最初漆が塗ってあったようですが、
数寄者が長年使用するうちに剥がれたようです。
仕入れ時じんわりもれていたので、
当方で今度はワシン漆にて水止めをしてあります。
2日三日と長時間酒を入れたままにしておくと、
あるいはまだ漏れるかもしれませんが、
数時間様子をみたところはだいじょうぶのようです。
貝がらをかまして焼成されたようで、
その貝殻を削り取ったあとからもれていたようです。
高さ 約9.5センチ
容量約180ml。
腰のあたりに窯われがありますが、もれはありません。
鉄釉(飴釉)のたっぷりのった肌です。
購入数
Soldout